ホーム > 新しい自分がきっと見つかる!〜通信制高校とは?〜

新しい自分がきっと見つかる!〜通信制高校とは?〜

 自分のリズムで学校生活を送ることができるのが通信制高校です。
 学校に行きづらかった人はゆっくりしたペースでスタートできます。
 やりたいことがある人はとことん取り組めます。なぜかというと、通信制高校は自由になる時間も増えるからです。
 やりたいことがまったくない、わからない? でも、見つけたい人。
 そんな人には、さまざまな体験授業が用意されています。おもしろい!という発見があるかもしれません。同じ関心をもつ人なら、友だちもできやすい!


 さまざまな「こうしたい!」を叶える通信制高校は、こんな人が通っています。

例えば…
・中学校では不登校だったけど、勉強を続けたい人
・自分のペースでゆっくり学校に通いたい人
・スポーツ活動と学校生活を両立させたい人
・今の学校が少し合わず、転入を考えていた人
・なりたい将来の夢や目標があり、今から勉強や準備をはじめたい人
・高校を中退してしまったけど、高卒資格をとって、大学に行きたい人
・中学校は卒業したけど、高校には進学しなかった人

通信制高校の2つの特長をご紹介します。

特長その1 自分のリズムで過ごせる学校生活

3年間以上の在籍で、74単位以上を修得できれば卒業! 先生と相談して、自分の目標やライフスタイルに合わせた時間割が作れます。

例えば…
・中学時代、不登校気味…。すこし学校に行きづらかったので、1年次は週に1回の登校でゆっくりと、2、3年次では調子にあわせてだんだん登校日を増やそう。
・高校を転入したけど、卒業時期は遅れたくないので、単位をたくさんとりたい。

特長その2 自由な時間ができる

登校(スクーリング)の基準は、年間で約20日間(25単位履修の場合)。希望に沿って、どんどんプラスアルファできる仕組みです。

例えば…
・余裕のできた時間で、アルバイトをする。
・声優になるためにレッスンを受ける。(「声優コース」のある通信制高校なら在校中OK)
・英会話の勉強をする。(「英語留学コース」のある通信制高校なら在校中OK)
・受験勉強に打ち込む、プロスポーツ選手として活動する…etc.

 では、いったいなぜこのように柔軟な学校生活が可能なのでしょうか?

▼もっと通信制高校の仕組みを知ろう!【more

単位制だから“いい”  ~通信制高校の仕組みとは?~

 通信制高校で、自分のリズムで学校生活を送れる理由。
 それは、通信制高校が「単位制」のためです。
 単位とは、学習の「量」のことです。単位制は、科目ごとにつけられた単位を修得しながら、高校卒業を目指します。単位ごとの学習なので、自分にちょうどいいぶんだけ、勉強に取り組めることが強み。全日制高校や、定時制高校と違い、毎日決まった時間に通うこともありません。だからこそ、自分のペースで送る学校生活が実現できるんです。

 では、次に、通信制高校を卒業するために必要な、3つの基本をご紹介します。

  1. スクーリング:年間約20日間の登校
  2. レポート:年間約50~60通提出
  3. テスト:年2回が一般的
 

この3つに沿って、通信制高校では勉強を進めていきます。

 特に、各校で個性が出るのが、スクーリングです。修学旅行のように、皆で年に1回集まって勉強する学校もあれば、たくさん友だちと会いたい!という人には、毎日通うタイプの学校もあります。また、インターネット授業で、登校回数を軽くすることも可能です。
 また、タブレットPCを使い、学校に行かなくてもレポート提出ができる学校もあります。

ちなみに…
 通信制高校も、全日制高校も、定時制高校も、みな同じ「高校卒業資格」!

・74単位以上修得
・通算3年間以上の高校在籍
・30時間(3年間)以上の特別活動参加


 これら3つの条件をクリアし、卒業です。
 もちろん、卒業後は、大学や専門学校への進学も同じようにすることができます。
 中には、大学受験に「強い」学校もあるのです。
 そんな、通信制高校の頼もしい味方、サポート校を最後にご紹介します!

▼通信制高校には頼もしい味方がいます!【more】

サポート校で“夢実現” ~一歩を踏み出すための環境があります~

 「サポート校」とは、その名の通り、「通信制高校に通う生徒をサポートする」民間の教育機関です。サポート校は、通信制高校と提携し、さまざまな側面から高校生活のお手伝いが行われています。

 サポート校は、通信制高校でつまずきやすいレポートの指導をする点が共通しています。
見てほしいポイントは、独自のカリキュラムがあること。サポート校ごとに特色を持っています。

例えば…
・大学受験に特化した勉強ができるところ
・発達に課題を抱えた生徒が過ごしやすい環境を整えているところ
・高卒資格取得(高認試験合格)のための授業があるところ
・アニメ・ファッション・ダンスといった専門コースが設けられているところ
・個人面談があるなど、不登校の支援に手厚いところ

 カウンセラーや、看護免許をもつ養護教諭が在中している学校もあります。
 自分の興味をつきつめたいという人も、今まで学校にはあまり行っていなかったから少し不安、という人も、それぞれに合ったきめ細かなサポートや相談がおこなわれているので、安心です。

通信制高校とは? まとめ

 通信制高校、サポート校では、自由な時間が増えるだけではありません。
 さまざまな独自のカリキュラムで、充実した高校生活を送ることができます。
 同じ立場の友だちに出会える機会も多くあります。友だちとの出会いを通して、わたしはこんなことがすきだったんだ!と、あたらしい自分を見つけられるかもしれません。

 やりたいことがある人、見つけたい人。中学校で不登校だった人も、転入で再出発したい人も。今は不安でいっぱいな人も。
 通信制高校、サポート校、多くの学校のなかから、自分にぴったりの学校をぜひ見つけてください!