Top > 著名人インタビュー > 【interview】応援メッセージ:演出家 宮本亜門 さん

【interview】応援メッセージ:演出家 宮本亜門 さん


人間はカラフルだからおもしろい。
自分がイキイキとできる瞬間、
ワクワクできるコトを探してみよう

演出家
宮本 亜門 さん

宮本亜門さん

 ミュージカル、演劇、オペラ、歌舞伎等、ジャンルを越える演出家として、国内外で幅広い作品を手がけている宮本亜門さん。バラエティ番組などに出演している際は、明るく優しい笑顔が印象的ですが、意外なことに子ども時代は、自分を否定する気持ちが高まり、学校では居場所がなかったということ。高校生のときはひきこもり状態にまでなってしまった宮本さんですが、その経験が今の自分を育んでくれたと話してくれました。

人生二度なし! 自分の存在価値に気づいたとき、
ひきこもり経験が人生のバネに

 将来のことはそんなに急いで決めなくても良いという考え方があるかもしれないけど、僕は高校のときから早く決めたかった方なんです。僕がすばらしいなと思う海外の人たちはみんな20代で゙何か始めていた人が゙多かった。作曲家や演出家、芸術家だけじゃなくいろんな発明家も、だいたい20代のときに何か始めている人ばかりで、早く何かしておかないと奥深いところまで到達できないと、10代のときから思っていました。「人生二度なし」というのは母の口癖で、何度も死の宣告を受けながらも生きることをすごく大切にする人でした。そんな母の影響も大きく、人はいつどうなるか分からない中で、自分が一番好きなことを生きがいとして生きていくためには何をしたら良いんだろうと、見つけられない自分にすごく焦りを持っていた時期もありました。自分が生きていく中で、自分のできることや自分の役割を早く知りたいのに、それが何か分からない状態が苦しいと感じていたんです。
 高校のときには、やりたいことができない自分を否定し始め、学校に自分の居場所がないと感じるようになりました。自分の好きなことで生きていく自信もまだないし、心の中で将来何をしたいのかを決められずにいて、次第に自信が持てなくなり人前に出られなくなってしまった。学校が嫌いだから逃げようという思いよりも、学校にいても自分の居場所が見つからず、どうやって行動に移せば良いのかも分からなく なり、部屋の中で一生懸命考え続けた結果、ひきこもりになってしまったという感じです。家の中に閉じこもっているときはずっと苦しかったです。答えを探したいけれどなかなか出てこない。そしてまた何か見つかるはずだと思って部屋に閉じこもる。それでも答えが見つからず、苦しい。その繰り返し。そんなときに気分を変えてくれたのがレコードでした。音楽を聞くと、気分が゙開放され、身体が゙興奮し、なんて素敵なんだと感じた。頭の中で゙音楽が゙視覚化されて広が、それを人に伝えたいと思いました。それができるのは、演出家や映画監督という仕事じゃないかと気づき始めたのです。ひきこもりの最後の方でしたね。 結果としてひきこもりの経験がなかったら今の自分はないかもしれません。ひきこもりが良いとは言いませんが、僕の場合は、苦しかったけれど、ひきこもりの時代が自分の中で必死に頑張れるバネになったし、後悔はありません。

「悩み」「経験」「好きなこと」…etc.
みんなカラフルだからおもしろい

 僕の再スタートとなったきっかけは、ひきこもり状態だったときに訪れた精神科でした。精神科の先生が僕の話を楽しそうに聞いてくれて、「違う意見があるっていうのはおもしろいじゃないか」と、全面的に認めてくれたのです。そこから個性があって良いんだ、人はみんなカラフルで良いんだと思い始めたんです。
 演出家という仕事は、普通にみんなが考えるようなことだけを考えていたらおもしろくないんです。違う視点から違う方向で人間を見ていくことが大切なので、高校3年のとき学校に復帰してから演劇部に関わりだすと「なるほど、こういう発想もあるんだ」、「こういう考え方もあるんだ」といろいろなことが分かり、「僕は今まで、これが正しい人間の生き方だと思っていたけど、本当は正しいも悪いも、間違っているもなかったんだ!」ということに気づいてきたんです。国が違えば常識も違う、考え方も違う、だけど人間は同じように感情があって、親が死んだら悲しいし、失恋したら切ないし、いろんな共通性がある中で「いろんな色があって良いんだ!」と。それが自分の個性を認めるきっかけになっていきました。一人ひとり生き方や環境が違うように、いろんな人生の経験を踏むということは全部がその人の宝物になって、その人の人間の深みや魅力にちゃんとつながっていくものだということが徐々に実感できたのです。

わくわく、ドキドキすることが、
君が輝く「これだ!」との出会いにつながる

 小さい頃から僕は一風変わった子で、母はとても心配していました。仏像や、夏の桜の木にいる毛虫が綺麗で大好きで、母はなぜ僕がそれらを好きなのか、とても不思議がっていました。しかし、僕がやめるまで見守り、決してそれを否定しませんでした。
 今、我が子の不登校やひきこもりで悩むお母さんたちにも、我が子を否定することだけはしないであげて欲しい。少し変わっていても、その子のオリジナル性をおもしろいと思っていけば、彼、彼女にしかできない世界が生まれるかもしれない。不登校やひきこもりになる子たちって、ただ逃げているだけではなくて、「僕には何かが眠っているはずだ、学校に行く以外の何かが他にあるはずだ」という自分の芽を感じている部分があると思うんです。だからそこをもっと一緒に探って、一緒におもしろがって伸ばしていって欲しいと思う。どうか、自分のモノサシだけで子どもたちを測らないで欲しいんです。
 今、不登校・ひきこもりで悩んで辛いと感じる人たちは、まずは自分が一番好きなことを見つけて欲しいと思います。一番わくわく、ドキドキできる喜びを探すのが大切。好きなことで解放されて、頭が柔らかくなって、自由になったときに「これだ!」と思えることに出会っていきます。実はみんな輝ける何かを持っていて、人の数だけそれぞれが担うべきおもしろい役目を持っています。まずは自分の居場所や喜べる場所を大切にして、そこで自分に自信をつけて、その後だんだんだんだん年を重ねるとともにいろいろな視点で物事を見ていったら楽しいと僕は思います。
 僕の父は「人生、悩むには短すぎる」と言っていました。母は「毎日の空も雲も同じように見えるけど、毎回違う。一日でも長く生きるってのはすごい経験が沢山できるのよ」と言っていました。それを思い出すと悩んで一日を無駄にしたくない、いろんな体験や経験をして感じ、楽しんで、自分にしかできないオリジナルな人生を創っていきたいと思います。もし今の僕が、辛くて悩んでいた学生時代の自分に語りかけるとするならば、「想像していた以上に人生っておもしろい!」と言いたいです。あなたにしかできないことは必ずある、自分を否定しないで、と。

宮本亜門さんより直筆メッセージ!

宮本さん直筆サイン「人はカラフル 違うから面白い」

今、頑張っている子どもたちへ 多忙の合間を縫い、 ていねいに書いてくださいました


宮本 亜門(みやもとあもん)
演出家。1958年東京都生まれ。2004年、東洋人では初めての演出家としてニューヨークのオン・ブロードウェイで「太平洋序曲」を上演し、同作はトニー賞の4部門にノミネートされる。2013年には、オーストリアでモーツァルトの「魔笛」を上演するなど、国際的にも活躍する。ミュージカルのみならず、演劇、オペラ、歌舞伎等、現在もっとも注目される演出家として、活躍の場を広げている。著書に「宮本亜門のバタアシ人生」(世界文化社)。

「全国フリースクールガイド2016~2017年版 小中高・不登校生の居場所探し」(発行:学びリンク)