Top > 新着ニュース一覧 > 北海道芸術高等学校が第26回まんが甲子園で第2位を受賞

北海道芸術高等学校が第26回まんが甲子園で第2位を受賞


入念な準備とチームワークで悲願の入賞

第26回全国高校漫画選手権大会(通称:まんが甲子園)で『北海道芸術高等学校・福岡サテライトキャンパス』が第2位に入賞しました。

有志のグループが3年前から挑戦を続け、今回が初めての受賞となります。

 

まんが甲子園は高知県などが主催する、高校生を対象にした漫画コンクール。全国から予選を勝ち抜いたグループが、高知市に集い最優秀賞を目指します。

本選では開会式後に発表されたテーマに沿って1P漫画を作成。制限時間5時間半の中、グループで作業分担をするなど、チームワークも問われる大会となっています。

 

同校では今回マンガ・イラストコースの生徒5人が出場しました。

昨年の同大会で、時間を有効に使うための作業分担が課題となったことを踏まえ、今大会では、事前に告知されている5つのテーマ候補全てを入念に準備したといいます。

コマ割りやセリフ、色の配色や作業の分担を決め臨んだ決勝戦では、得意の動物ネタとシンプルなダジャレで見事、第2位に入賞することができました。

 

入賞したマンガがコチラから閲覧できます!

 

本選での作業の様子

また、大会では出版社がプロデビューを目指す生徒たちをスカウトする制度があり、同校では生徒2名が指名を受けたそう。

将来、イラストレーターやデザイナー、漫画家を目指す生徒たちの大きな自信につながる大会となりました。

 

北海道芸術高等学校の資料請求など、詳細はコチラからご覧ください。