Top > いろいろQ&A > 就学支援金の制度とはどんなものですか?

いろいろQ&A

就学支援金の制度とはどんなものですか?


「高等学校等就学支援金」は、国の制度として高校などの授業料にあてるために支給されています。支給の対象となるのは、国公私立の高校(全日制・定時制・通信制)や高等専修学校などです。
2014年4月から制度が変わりました。

変更があった点としては、

①私立高校等を対象としていたのが国公私立問わず対象となった
②私立高校等の生徒の加算額を2.5倍にまで拡大(従来は2倍)
③年収910万円以上の世帯は支給対象外
―などです。

 

新制度の対象生は14年度入学生で、13年度までの在籍生は旧制度が適用されることになります。旧制度とは、私立高校等は就学支援金の対象、公立高校は授業料不徴収ということです。13年度までに入学していて、その後転学した生徒には旧制度が適用されます。

 

就学支援金の支給額については、私立高校等では基本支給額は変わっていません。
ほとんどが単位制となっている私立通信制高校では、1単位・4,812円(25単位履修・年額120,300円)、
定額制の多い私立全日制高校や高等専修学校では、月額9,900円(年額118,800円)となります。
一方、公立高校では定額制の場合、全日制は月額9,900円、定時制は月額2,700円、通信制は月額520円となっています。