Top > 新着ニュース一覧 > 松実高等学園が入学式を挙行

松実高等学園が入学式を挙行


在校生が制作、映像を取り入れた入学式

 
 松実高等学園の入学式が4月7日(金)、春日部市民文化会館(埼玉県 春日部市)で挙行されました。同校は小中高一貫の通信制技能連携校。式典は中高合同で行われ、72名の生徒が入学されました!
 

式典は中高の合同で行われました!


 
 式辞では、松井石根理事長が「全てのスタートは自分から始まります。今の自分を大切にしながら、学園の理念である『自立と共生』の心を育てていってほしい」とエールを贈りました。また、日本語が母国語ではない新入生のために、理事長自ら自立と共生の大切さを英語でスピーチする一幕も!
 
 新入生代表の挨拶では、「私は松実中等部で“学校の先生として松実に戻ってくる”という夢を見つけました。高校では、その夢が実現できるように勉強を頑張りたい」と抱負を語りました。
 

中等部から進学した生徒さんが挨拶


 
 式の終盤では、在校生が制作した学園紹介の映像が流れました。朝の登校から出欠の確認、ランチタイ
ム、放課後の様子など、写真や映像で紹介。
 
そのほかには
「松実ってどんな学校?」
「松実で成長したことは?」など在校生インタビューもありました。
 
先輩たちが用意した素敵なサプライズ!
 
後輩をあたたかく歓迎する気持ちが伝わってくる入学式でした!
 
新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

 

松実高等学園はこんな学校

埼玉県教育委員会から「技能連携校」の指定を受けている通信制高校です。平成17年度以降、卒業率は100%。進学希望者の進学率は90%以上。その他の進路を含め、多くの生徒が未来に向けて躍進しています。同校では、学校になじめなかった人やコミュニケーションとることが苦手な人、不登校や軽度発達障がいなどの課題を抱える生徒の自立をうながし、徹底したサポートを行います。また、同校では初等部、中等部、高等部の一貫した教育を行っています。