Top > いろいろQ&A > 転入試験と編入試験の違いはどんな点ですか?

いろいろQ&A

転入試験と編入試験の違いはどんな点ですか?


転入は、現在の学校に在籍したままの状態で入学試験を受け合格した場合を言います。

従って時間的に前の学校と、転入する高校との間に間隔はありません。

二重在籍はできませんから学校間で十分連絡を取り合い受験を許可することになります。
これに対して、編入は、前の学校を退学してどの高校にも在籍していない者が高校に入学する場合です。

学年相当の修得単位が必要となります。高2の途中で中退した場合は、高1の修得単位しかありませんから、

もう一度高2相当への編入試験を受けることになります。高1での中退なら修得単位はないので編入ではなく、「再受験」することになります。

 

また、1つの高校に全日制、定時制、通信制などの課程が2つ以上あり、その間を移動する場合を「転籍」と言います。