Top > 不登校解決型Q&A > 息子は授業中に叫ぶなど荒っぽい行動が抑えられません。また「日本人だから英語は勉強したくない」など、頑なに自分のルールを通します。どう対応したらいいでしょうか?

息子は授業中に叫ぶなど荒っぽい行動が抑えられません。また「日本人だから英語は勉強したくない」など、頑なに自分のルールを通します。どう対応したらいいでしょうか?


うちの息子は授業中にほんのちょっとしたことで、荒っぽい行動をしてしまうようです。大きな声で叫んでしまったり、自分が抑えられないようです。また「日本人だから英語は勉強したくない」など、頑なに自分のルールを通します。どう対応したらいいでしょうか?

森薫のAnswer

もしかしたらお子さんは小さい頃からあまり褒められたことがないのではないかと思います。

こういったこだわりの強い子たちは、要求されて「こうするべきだ」「あーするべきだ」と言われ、それができなかったことは「なんでできないの?」と否定されることがおおくなりがちです。
この子を育てるには「ありがとう」「助かった」という言葉をかけてあげることです。
まずはお子さんのいいところを探して欲しいと思います。
例えば、約束を守らなかったとしても「以前よりは守ってくれるようになったよね」とか「約束をしていたことを覚えてくれたんだね」など、小さなところから彼を褒めてください。
叫んでしまったり、すこし荒っぽいところばかりを見るのではなくて、先生の話を少しでも聞いたり、学校に行こうとしたり、彼のいいところはたくさんあります。彼はきっとそれをすごく努力して行っていると思います。それをたくさん見つけて言葉にするだけではなく、手紙にして渡したりすることが大切です。「こういうことがよかった」「友達に優しく声をかけてくれた」「挨拶がとっても元気がよかった」「以前に比べて、声が小さくなった」小さなメモでもいいです。否定的な部分はちょっと見て見ぬふりをして、肯定的なところを見つけ努力をしてください。
またこれは家庭というより、学校の先生に特にお願いしたいことですが、暴れているときは、声をかけないという対応をしてください。否定面が出ているときは声をかけない。うるさかったり、あばれたりすることが収まったら「やめてくれてありがと」という声がけです。そうすると「この人は収まると喜んでくれるんだ」と、関わり方がわかってきてくれる。
またどうしてもやめてほしいことがある場合は「あなたはこんなところを頑張っている。よくやっている。でもひとつだけお願いしていい?」というお願いの仕方がいいと思います。

「あなたは素晴らしいし、最近はすごく良く頑張っている、いいところもたくさんある、でも一つだけ気になっているのは、授業中のおしゃべりなんだよね。それがなくなってくれたらとっても嬉しい。一緒にどうやったら解決できるか考えようか? まずどんなときにおしゃべりしたくなる?ほかの方法で自分の感情を表現する方法はないかな?もし耐えられなくなったら、ほかの場所に移ったりで大丈夫そうかな?」というような。

周りに迷惑をかけていることを解決するスキルを一緒に身につけることが大切です。ただ単に「人の迷惑なんだよ。静かにして!」というだけでは、どういうふうに解決すればいいいのかわかりません。
「こうしたらうまくいくよ」というスキルを提案していくということが解決の糸口です。

 

<解答者>
森薫を開設している「カウンセリングルーム」の案内はこちら
森 薫 (もりかおる)
1950年佐賀県に生まれる。中央大学を卒業した後、2007年まで東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。通信制高校副校長を経て、2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。学びリンク総合研究所所長。
専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、子どもの不登校から見えてくる家族支援に力を入れている。
主な著書

「子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力」(学びリンク)「未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち」(学びリンク)「子どもを温かく包み込む思春期応援メッセージ」(学事出版)
「十四歳-ヒミコ-」(大学図書出版)
「親と子どもがともにそだつ共育力」(学事出版)
「家族支援のためのカウンセリング革命」(大学図書出版)

 

<引きこもってしまっている際、外に出るきっかけづくりとは?>