Top > 新着ニュース一覧 > (鹿島学園高校・さくら国際高校)提携サポート校 国際高等学院 卒業式

(鹿島学園高校・さくら国際高校)提携サポート校 国際高等学院 卒業式


3月9日桜のつぼみ春へと続く

学院長より卒業証書を受け取る生徒(記事中程)

 

鹿島学園高等学校とさくら国際高等学校のサポート校である国際高等学院(原宿校)が3月9日卒業式を挙行。高等部5名、中等部3名の生徒が卒業を迎えました。
会場であるJASMAC AOYAMA(東京都港区南青山)のエントランスには、在校生・先生から卒業生へ向けた「メッセージボート」が飾ってありました。
「応援しています」「ありがとうございます」「楽しかったです」などのメッセージが色とりどりの色紙、カラーペンで書かれていました。
「美術」の授業がたくさん開かれる国際高等学院ならではの、とても華やかで可愛いらしいメッセージボードです。

 

エントランス

木がモチーフになったメッセージボード

 

中央螺旋階段から、拍手に包まれ卒業生入場

 

螺旋階段から入場する卒業生たち

式が始まると会場中央の螺旋(らせん)階段から卒業生が音楽と温かな拍手に包まれて入場しました。
「開式の辞」のあと、卒業生一人ひとりに国際高等学院の卒業証書が授与され、高等部の生徒はそれぞれが在籍する通信制高校の卒業証書も手渡されました。

国際高等学院の佐藤圭一学院長より卒業証書を受け取る卒業生。BGMは「千と千尋の神隠し」で使われていた曲でした。

鹿島学園高校の横田純一学園長より同校の卒業証書も手渡されました

その後、佐藤圭一学院長による「学院長の式辞」、鹿島学園高校の横田純一学園長より「来賓祝辞」が述べられました。

佐藤圭一学院長は「物質的なものだけに価値を求めるのではなく、精神的にも豊かなそういう人になってください。「自分が自分が」ではなくて周りを思いやる気持ちが、みんなをそして自分を成長させてくれます。まっすぐな心でしっかりと生きていってください」と話しました。

横田純一学園長は「大きな壁を乗り越えてこの日を迎えられたことと思います。高等部の皆さんは高等学校を卒業したという栄誉をもって、自信と誇りをもって進んでください。これからすすむ道はそれぞれ違うと思いますが、この高等学校卒業という資格を活かして、大いに飛躍していただきたいと思います」と卒業生にエールを送りました。

佐藤圭一学院長

鹿島学園高校の横田純一学園長

 

「素晴らしい出会い」「幸せだった学校生活」
保護者謝辞、生徒送辞・答辞

 

その後、娘さんが高校2年生の12月に国際高等学院へ転校した保護者の謝辞、また生徒の送辞、答辞が読み上げられました。その一部をご紹介します。

保護者謝辞
「皆さん卒業おめでとうございます。私の娘は高校2年生の12月に国際高等学院に転校してきました。卒業までは1年5か月という短い間でしたが、自分のやりたいことに熱中しながら素晴らしい環境を与えてくれたことに今は感謝をするばかりです。娘はよく「もっと早く国際高等学院に来たかったと申しておりました。その言葉一つとってもこの国際高等学院の先生方、友達との出会いがどれほど素晴らしかったかがうかがい知ることが出来ると思います。(中略)先生方には、子どもたちの大切な時期に真摯に寄り添ってくださったこと、心より感謝申し上げます」と話しました。
在校生送辞
「先輩たちのおかげで毎日学校にくるのが辛く感じませんでした。いつも私たちのことを笑顔にしてくれて学校に行くのが楽しみでした。これから先輩方は自分で選んだ違う道を一人ひとり歩んでいくと思います。その道のりは消して楽なものではなく、ときに辛くなり、嫌になることもあると思います。そんなときはこの学校での楽しかったこと、幸せだったことを思い出してここで学んだことを活かして乗り越えてください。先輩たちはきっと素晴らしい未来が待っています。私たち在校生は先輩たちが築かれた伝統を守り、受け継ぎ、素晴らしい学校生活を送るため一層精進努力いたします」としました。※送辞は代読となりました。
卒業生答辞
「2年前私が初めて国際高等学院に足を踏み入れてから今日まで、たくさんの素敵な思い出を仲間たちと作るのことができました。何気ない日常、盛り上がったイベント、かけがえのない幸せな時間で、いつかきっと戻りたいなと思ってしまうと思います。そして先生方には私たちの話を親身に聞いていただき、いつも力になっていただきました。私たちは中学、高校を卒業してそれぞれ別の道を歩むことになります。その先で何かにつまづいて悩んだり、高い壁にぶつかることもあるかもしれません。ですが、どんな困難も一つずつ乗り越えて、前に進んでいきます」と話しました。

保護者代表の謝辞の様子

卒業生の答辞の様子

 

その後、斉唱では「旅立ちの日に」を歌いました。ピアノ伴奏は中等部の卒業生が行いました。その後、会食会も開かれ、卒業生・在校生・保護者は最後のひとときを楽しみました。同校の温かく優しい雰囲気が伝わって来るような卒業式でした。またこの日は「3月9日」レミオロメンの「3月9日」という曲の歌詞が式次第と一緒に配布されました。

式のあとは食事会が開かれました

準備の様子

国際高等学院については不登校生の居場所探しサイト「フリースクールガイド 関東版」にて詳しくご紹介しています!
こちらをクリック!