Top > 不登校解決型Q&A > なぜ、通信制高校・サポート校は生徒のカウンセリングができるのか

なぜ、通信制高校・サポート校は生徒のカウンセリングができるのか


なぜ、通信制高校・サポート校は生徒のカウンセリングができるのか

 

森薫のAnswer

通信制高校、サポート校に転編入してくる生徒たちの多くが思春期における家族・友人関係において、心身が傷つき、自尊心を低下させています。通信制高校・サポート校の役割は、その心身の傷を癒し、低下した自尊感を少しずつ回復させるところから始まります。
そのために、必然的に共感力と聴く力をベースとしたカウンセリング力が必要とされるのです。通信制高校・サポート校の生徒には全日制高校の生徒に比べれば、はるかに高いカウンセリングニーズがあると言えるでしょう。一人のスクールカウンセラーがカウンセリング室でカウンセリングするだけでは、そのニーズに応えきれません。全てのスタッフがいつでもどこでもアクティブにカウンセリングができるシステムが求められているのです。
各学校では、少しでも質の高いメンタルサポートを目指して、カウンセリングのスキルアップのために日常的に外部から講師を呼んで、スタッフ研修に力を入れているだけでなく、スタッフ全員がカウンセラーの有資格者というところも増えてきています。カウンセリングを重視したきめ細かなメンタルサポートは通信制高校・サポート校の大きな武器と言えるでしょう。
<そのほかの記事>

 

<解答者>
森薫を開設している「カウンセリングルーム」の案内はこちら
森 薫 (もりかおる)
1950年佐賀県に生まれる。中央大学を卒業した後、2007年まで東京都内の中学校で、心障学級・通級情緒障害児学級などを受け持ち、熱心な生徒指導で保護者からも信頼を集める。通信制高校副校長を経て、2012年、一般社団法人家族支援メンタルサポート協会を設立、理事長に就任。学びリンク総合研究所所長。
専門分野は、家族カウンセリング・非行問題・子育て支援・発達障害・不登校問題等多岐にわたり、子どもの不登校から見えてくる家族支援に力を入れている。
主な著書

「子どもと夫を育てる「楽妻楽母」力」(学びリンク)「未来に輝け!スペシャルタレントの子どもたち」(学びリンク)「子どもを温かく包み込む思春期応援メッセージ」(学事出版)
「十四歳-ヒミコ-」(大学図書出版)
「親と子どもがともにそだつ共育力」(学事出版)
「家族支援のためのカウンセリング革命」(大学図書出版)