Top > 新着ニュース一覧 > 全日型通信制のMSGグループ 相模原で入学式!合唱部にもインタビュー

全日型通信制のMSGグループ 相模原で入学式!合唱部にもインタビュー


神奈川県(相模原市、二俣川)の全日型通信制高校

 

保護者も多く参加した入学式。52名の新入生、10名の転入生が新たにMSGの仲間に

4月13日(木)、相模原南市民ホール(神奈川県相模原市)にて、全日型通信制高校の鹿島学園高等学校 MSGグループの入学式が行われ、52名の新入生、10名の転入生がMSG校に迎えられました。

式にあたり村上望総キャンパス長は現代哲学者の内田樹さんの“学ぶ”ことについての言葉を紹介しました。それは「学びとはギリギリまでそぎ落とすと「知りません」「教えてください」「お願いします」の三つの言葉に集約される」という言葉。
村上キャンパス長は

「なぜ、どうしてなのか…。そういう根底的な学びへの欲求からしか、本当の意味での学力は得ることができません。まずは自分が学ぶべきことを自覚し、次に自分の先生を探してください。先生は、学校の先生はもちろんですが、ときには自分の隣に座っているクラスメイトであったり、学校の先輩であったり、学校の外で知り合った方かもしれません。本当に学ぼうと思った時に人は謙虚になることができます。謙虚になるとき人は自然と礼儀正しくなります」

と話しました。学院長式辞では、諏訪間 茂MSGグループ長よりある卒業生の体験が語られたあと

「みなさんは宝石で言えば原石と言えます。粘り強く自らを磨いていけば、光り輝く何かが見つかるでしょう。時間は十分にあります。高校生活を自分流にアレンジして、悔いのない3年間を過ごして欲しいと思います」

と新入生にエールを送りました。

村上望キャンパス長

諏訪間 茂学院長

 

太陽の村 吉川理事長祝辞「失敗を気にせず、何かを始めてください」

 

太陽の村の吉川理事長

太陽の村の吉川理事長は祝辞でこんな風にお話されました。一部をご紹介します。

「失敗を気にしないで欲しいと思います。失敗を気にして、何かをしないとやらなかったことになります。あとから後悔しても時間は取り戻せません。高校生になると感情の振り幅もとても大きくなります。辛かったり、楽しかったり、そういった感情を新しいお友達や、周りの先生と分かち合ってください。太陽の村が行う総合支援学科では、苦しい、楽しいという感情を分かち合う、先生が待っています。学習サポートを行っています。次にキャンパスなどでお会いできる時を楽しみにしております」

 

在校生代表「3年後頼りがいのある顔に」、新入生代表「三つの目標を掲げます」

 

在校生代表の「歓迎の言葉」の様子

新入生代表の「誓いの言葉」の様子

また在校生代表の鈴木さん、新入生代表の中野さんがそれぞれ言葉を述べました。その一部をご紹介します。

在校生代表の鈴木さん「今の自分の顔と3年後の自分の顔を見比べたとき、優しい愛される顔になっているか、凛々しい、頼りがいのある顔になっているか、高校3年間頑張った成果がきっと顔に現れるでしょう。高校生活では勉学だけではなく、林間学校文化祭などのぎょうじがあります。積極的に参加して、ぜひ楽しい思い出を作ってください。そして高校3年間の締めくくりは進路です。高校から先の進路は一人ひとりが別の道に入ります。自分の進むべく進路を考え、それに向けて努力するのと、毎日ただなんとなく過ごすのとでは、全くゴールが違います。自分をみつめ自分の将来を考える、そういった3年間にしてください」
新入生代表の中野さん「私たちには高校生活の中で身につけるべきものが3つあります。一つ目は豊かな感受性。相手は本当はどう思っているのか、自分の態度はどんな風に思われているのだろう、そういうことを正しく逃さず感じ取るために自分自身の感受性を伽しましていきたいです。二つ目は心の強さ。心の強さとは人に優しくできることだと思います。自分を見失わず、人に優しくすることができる強い心を身につけたいです。三つ目は深い教養。学校で勉強し、さらに社会で生きていくために必要な教養も身につけていきたいと思います。日々の学習のなかで、高校生としての学力を見つけると同時にそういう教養も身につけていきたいです」

 

二俣川キャンパス合唱部『瑠璃色の地球』を披露

 

入学式の最後に歌声を披露した、二俣川キャンパス合唱部の二人

合唱部顧問の先生と一緒に。二人は同校で歌が大好きになったそうです!

最後に、二俣川キャンパス合唱部の生徒さんたちにより『瑠璃色の地球』が歌われました。卒業式でも素敵な歌声を披露してくれた合唱部の二人。いつも楽しそうに歌っている姿はセレモニーをより華やかにします。

合唱部部長さんにお話を聞いたところ

「普段は学校の空き教室でキーボードを持ってきて練習しています。まず歌ってみたい曲を選んで、(技術的に)歌えるかどうか考えて練習を始めます。合唱部の顧問の先生はとっても優しい方で本番が終わるといつも褒めてくれます。体調とかも第一に気遣ってくれるし、私たち生徒の意見もいろいろ組みとって、先生のおかげで楽しい学校生活を送らせてもらってます。」

また合唱部員のAさんも

「先生は間違えたり、音が外れちゃったときも頭ごなしに怒るのではなくて、ちゃんと「ここがこうだよ」と教えてくれるから「もう一回やろう!」とどんどんやる気が湧いてきます」と話してくれました。

二俣川キャンパス 合唱部はいつでも新入生を歓迎しているとのこと。

初心者でも全く問題ないそうで、実際に部長さんも本格的に合唱を始めたのは高校生になってからだそうです。
「楽しい」「もっと上手になりたい」と思えることに出会えた高校生活はより一層、輝きます!
新入生の皆さん、またこれからMSGへの入学を考えている皆さん、是非一度合唱部を覗いてみてください!

鹿島学園高等学校 MSGグループはこんな学校

MSG校は「全日制の高校と同じように、学校に通いたい」。そんな生徒のため、「全日型通信制高校」として、2012年度に開校しました。勉強や人間関係で苦戦した人、すきなことと学校生活を両立させたい人…。これまでの学力・事情は関係ありません。無理なく、3年間で卒業します。学科は「通常学科」「総合進学科」「特進科」「総合支援学科」などあなたの思いに応えさまざまな特色があります生徒それぞれの特色、事情、目的にあわせて、「入学後」に、学科を選べるキャンパスです。1年ごとに、見直すこともできます。※キャンパスにより学科は異なります。