Top > 新着ニュース一覧 > 日本ウェルネス高校 グループ祝勝会にてクラブ活動成果を発表

日本ウェルネス高校 グループ祝勝会にてクラブ活動成果を発表


第18回 「タイケン学園祝勝会」 オリンピック選手、全国大会出場チームも

第18回祝勝会の様子

1月17日(火)、 板橋区立成増ACTホール(東京板橋区)にて、通信制高校の日本ウェルネス高校を運営する学校法人タイケン学園グループが、第18回 「タイケン学園祝勝会」を開催しました。

第18回を数える、学園恒例の祝勝会。日本ウェルネス高校をはじめとした、グループ各校のスポーツ活動成果が紹介され、1年間の選手達の活躍を祝いました。

 

まずはじめに、タイケン学園の柴岡三千夫理事長が挨拶を行い近年のタイケン学園の歩みを話しました。つづいて立花俊一後援会会長が挨拶を行い、後援会の幹事一同もオリジナルユニフォームを着用し登壇しました。

IMG_5016

挨拶をする柴岡三千夫理事長

IMG_5036

立花俊一後援会会長の挨拶の様子

 

 

IMG_5066

来賓挨拶は東京都議会 河野ゆうき議員が行いました

IMG_5076

乾杯は柴岡理事長の出身地である、高知県宿毛市の中平富宏市長が行いました

 

IMG_5082

タイケン学園がこれまで獲得してきたトロフィーの数々

IMG_5092

歓談時間も賑わいがあり、参加者は親睦を深めました

 

タイケン学園から世界へ!国際大会、プロで活躍する選手たち

 

祝勝会では、各運動部の実績が報告され、各部監督による挨拶も述べられました。
日本ウェルネススポーツ専門学校の卒業生であり、日本ウェルネス高等学校 陸上競技の杉町マハウコーチはリオ五輪 400mH 準決勝進出を果たしたオリンピック選手です。
杉町コーチは「みなさんのおかげでリオデジャネイロ五輪準決勝に進むことができました。次の東京オリンピックも目指しているので今後とも応援をよろしくお願い致します」と話しました。

また日本ウェルネススポーツ大学からは今年、ロッテから育成ドラフト2位で指名された菅原祥太選手が紹介されました。祝勝会当日は新人合同トレーニングのため欠席となりましたが、工藤洋一野球部監督が代わって挨拶を行いました。

IMG_5093

リオオリンピックに出場を果たしたウェルネス陸上競技 杉町マハウコーチの挨拶の様子

ロッテから育成ドラフト2位で指名された菅原祥太選手

 

また日本ペット&アニマル専門学校の生徒も全国専門学校トリミングコンテストで最優秀技術賞、東京インターナショナルドッグショー デザイン賞を受賞しました。日本ウェルネス歯科衛生専門学校では、昨年までの4年連続で全員が国家試験に合格しました。

 

先輩たちに負けない!ウェルネス高校生たちの活躍

通信制の日本ウェルネス高校の信州筑北キャンパスでは、昨年より硬式野球部が創部されました。そのため部員は全員1年生、甲子園出場を目指し、日々練習に励んでいます。指導者は甲子園に何度も生徒を導いた中原英孝監督。地域の期待も大きく後援会も発足されました。

同キャンパスでは、フットサル部も活躍しており、全日本ユース(U18)フットサル長野県大会3年連続優勝、同北信越大会3位、長野県U18フットサルリーグ4年連続優勝をしています。来春には専用サッカー場も完成予定です。

IMG_5142

今、信州筑北キャンパス硬式野球部の中原英孝監督、主将の河野さん。

信州筑北キャンパス野球部・主将の河野健太郎さんは「今年の抱負は秋には高校大会最後の春季大会が待っているので、全員で頑張って良い結果を出せるようにしていきたいと思います。日本ウェルネス野球部として恥じない結果を残したいと思います」と話しました。中原英孝監督も「東京には負けません、素晴らしい信州筑北村でございます。よろしくお願い致します」と話しました。

 

 

東京キャンパス 野球部 息のあったパフォーマンスで会場を盛り上げる

 

信州筑北キャンパス野球部は創部一年目ですが、日本ウェルネス高校の東京キャンパス 硬式野球部は2011年より全国高校野球選手権大会に参加しています。2016年の大会では、春季東京都大会でベスト16まで上り詰め、夏季大会のシード権を獲得、夏季東東京都大会でもベスト16となりました。
監督は青森山田で12年間、指導を行っていた美齊津 忠也監督です。その活躍は各新聞でも大きく取り上げられ、今後の活躍が注目されています。

東京キャンパスでは、創部3年目のバトミントン部が東京都春季大会で女子団体優勝、男子団体3位、東京都高校総体 女子団体優勝、男子団体3位など、活躍を続けています。
また空手部(東京)でも東京都新人大会4位を獲得しています。

祝勝会の最後には、東京キャンパス野球部がパフォーマンスを披露。ユーモアも取り入れた、息のあった集団行動は迫力がありました。

野球部主将の並木さんと副主将の森さんにお話を聴くと、“パフォーマンスの練習はだいたい一週間前から、野球部の活動の合間に練習しました。「バッティング」と「投球」と「守備のボールを取る形」のコマ送りパフォーマンスはやりたいなーと考えました。最後にオチとして、小島よしおのネタをいれてみました(笑)。すべて自分たちで考えて実施しました”ということでした。

 

 

IMG_5293

野球のバッティングを集団行動で!

IMG_5299

みんなで一生懸命練習しました、と話してくれました

 

 

日本ウェルネス高校 東京キャンパス 硬式野球部についてはこちらもご覧下さい!
『日本ウェルネス高校 硬式野球部 春季東京都大会、夏季東東京都大会 ベスト16! 主将・副主将インタビュー』

 

【大学部門】

日本ウェルネススポーツ大学
【専門学校部門】

日本ウェルネススポーツ専門学校 広島校、日本ウェルネススポーツ専門学校 北九州校、日本ペット&アニマル専門学校、日本ウェルネス歯科衛生専門学校、日本グローバル専門学校

【高等学校部門】

日本ウェルネス高等学校

今治本校、東京キャンパス、中野キャンパス、利根キャンパス、松本キャンパス、信州筑北キャンパス、名古屋キャンパス、広島キャンパス、北九州キャンパス、茨城キャンパス、沖縄うるまキャンパス

【社会教育活動部門】

公益財団法人日本幼少年体育協会、タイケンスポーツ学校

【幼児教育・保育部門】

ウェルネス保育園 志木、ウェルネス保育園 成増、ウェルネス保育園 越谷、ウェルネス保育園 茅ヶ崎、カンガルークラブ

 

日本ウェルネス高等学校 東京キャンパス

〒175-0094 東京都板橋区成増1-12-19

<最寄り駅 >地下鉄有楽町線地下鉄成増駅4番出口徒歩5分、東武東上線成増駅南口徒歩7分

全国のキャンパス

今治本校、中野キャンパス、利根キャンパス、松本キャンパス、信州筑北キャンパス、名古屋キャンパス、広島キャンパス、北九州キャンパス、茨城キャンパス、沖縄うるまキャンパス

電話番号 03-3938-7500(総合案内事務局)

日本ウェルネス高等学校はこんな学校

日本ウェルネス高校では生徒の個性を伸ばし自立できる教育理念に基づいて、普通科と専門学校教育を弾力的に融合させた、独自のスタイル制を実施。基本スタイル(在宅学習)、週5日スタイル、週5日スポーツスタイル、週2日スタイル、など様々なスタイルで登校可能。またスポーツ、ペット、保育、音楽、ダンスパフォーマンス、マンガ、製菓、トータルビューティー、大学進学、声優クリエイティブ等、多彩なコースから選んでチャレンジできる特徴ある専門学校的学習が魅力。