Top > 新着ニュース一覧 > 「通信制高校はだんだん仲間が増えていく学校」駿台甲府高校 入学式挙行

「通信制高校はだんだん仲間が増えていく学校」駿台甲府高校 入学式挙行


みなさんに開かれている世界はもっと大きくなる
人と人との絆を増やし、さらに太くつなげていこう

 

4月15日(土)、駿台甲府高校の入学式が、
お茶の水にある東京学習センター(駿台外語&ビジネス専門学校)にて挙行されました。
 
同校は、毎年多くの生徒が大学や専門学校へ進学している通信制高校。
この4月も、8名の新入生が「駿台甲府生」として、スタートを切りました。

新入生一人ひとりが呼名をうけ、晴れて「駿台甲府生」に


 
開式にあたり、駿台甲府高等学校 八田政久校長は、

「皆さんの中には、高校入学を機に、新たなスタートを切ろうとしている人もいるかと思います。大学や専門学校への受験には年齢制限はありません。高校卒業資格さえあればいつでも挑戦できます」

と、決意も新たな新入生たちへメッセージ。

式辞を述べる校長の八田政久先生


「通信制高校は徐々に仲間が増えていく学校です。スクーリングで新たな友人も増えるでしょう。心身ともに健康で、有意義な高校生活を送ってください」
と歓迎しました。

 

また、祝辞では、駿台外語&ビジネス専門学校 小林史一校長が、
旧約聖書にもある「バベルの塔」を例に、
コミュニケーションをとることを大切にしてほしい、と述べられました。

駿台外語&ビジネス専門学校 校長小林史一先生


「これから、みなさんに開かれている世界はもっと大きくなります。
自分の気持ちさえあれば、今までの何百倍、何千倍もの人とコミュニケーションをとることができます。人と人との絆の数を多く、さらに太くすること。それは皆さんにプラスになると思います」


と、お祝いの言葉を贈りました。
 
 
同級生や、先生、これから増えていくクラスメートたち……。
たくさんの人たちと絆を結んでいってくださいね。
 
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

 
 

◆駿台甲府高校の詳細はこちら!
http://www.stepup-school.net/products/detail.php?product_id=42