image
image

起立性調節障害(OD)の方やその疑いがある方で高校進学・大学進学を検討されている方に向けて
「起立性調節障害 進路支援フォーラム」を開催致します。

弊社では2009年より全国各地で年間30回「通信制高校・サポート校合同相談会」といたしまして進路相談会を開催しております。
毎回20校~30校の学校が集まり来場者も500人を超える会場もあります。

今回はその中でも起立性調節障害の方でも無理なく通える学校に集まってもらい、フォーラムを開催する運びとなりました。

当日は下記の内容を予定しております。

・『マンガ 脱・「不登校」ー起立性調節障害(OD)克服と「だいじょうぶ感」をはぐくむー』出版記念
 特別講演【Let’s kick out the 「不登校」!】  岐阜大学大学院教授 加藤善一郎 先生
 ※『マンガ 脱・「不登校」』は当日会場にて販売予定です。書店販売は11月上旬より販売予定です。
・NPO法人起立不耐症と起立性調節障害の会 理事長の基調講演
・弊社代表の通信制高校の仕組み講演
・体験談の発表
・各校の取り組み発表
・各校の個別相談コーナー
・学校選び相談コーナー、起立不耐症と起立性調節障害の会による相談コーナー

起立性調節障害と診断された患者さん、または起立性調節障害かもしれないと思われる方、それらのご家族の方々に安心して高校選びをしてもらえる機会にしたいと存じます。
よろしければぜひご参加をご検討ください。

タイムスケジュール

12:30〜 開場
13:00〜13:50 『 Kick out the "FUTOKOU" マンガ 脱・「不登校」〜起立性調節障害(OD)克服と「だいじょうぶ感」をはぐくむ〜』出版記念
岐阜大学大学院教授 加藤善一郎 先生
特別講演【Let’s kick out the 「不登校」!】

講演者 加藤善一郎 岐阜大学大学院教授/岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学教授/岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科構造医学教授

臨床医としての経験と、研究などを通して培ってきた、「生きている」ということへの理解を生かしながら、発達障害・不登校の臨床と地域連携を進めています。
家族の大きな危機でもある「不登校」をいかに理解し、いかに対応すべきか、ひとりの親・ひとりの小児科医として、患者さん・家族・学校の先生達と、一人ひとりに合った対応を模索している毎日です。

「登校しないこと」そのものは、必ずしも悪いことばかりではありませんし、そう決断したことで初めて得られるものもあります。しかし、皆さんがお困りの、いわゆる「不登校」というものは、本人・家族だけではどうしたらいいかわからず、袋小路に迷い込んでしまう側面が多いものです。

皆さんと一緒に考え協力していくことで、こども達を取り巻く状況を、少しでも改善していければと期待しています。
Kick out the 「不登校」!

1965年  岐阜県美濃市に生まれる
1984年  麗澤瑞浪高等学校卒
1990年  岐阜大学医学部卒、小児科学教室へ入局し臨床研修
1997年  岐阜大学大学院医学研究科修了(医学博士)、奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科、ハーバード大学への留学等を経て大学病院・関連病院での臨床医・研究者としての日々を過ごしている
2010年  岐阜大学医学部附属病院小児科准教授
2011年  岐阜大学大学院医学系研究科小児病態学臨床教授
2014年  現職
日本小児科学会  専門医・指導医
日本小児神経学会 専門医・指導医
日本人類遺伝学会 専門医・指導医
14:00〜14:30 基調講演【起立性調節障害への理解と進路について】

講演者 髙木 修造 NPO法人起立不耐症と起立性調節障害の会 理事長
起立性調節障害(体位性頻脈症候群)の患者。1994年生まれ。13歳で発症。病状の悪化により16歳で全日制高校を中退、患者との交流を始める。
22歳で任意団体だった患者会をNPO法人化。患者支援と医療、教育の充実化を目指し活動中。
14:30〜15:00 通信制高校の仕組み講演【「入りたい」学校が見つかる!通信制高校・サポート校の『しくみ』講演!】
講演者 山口 教雄 学びリンク株式会社
通信制高校の仕組みを中心に転入・編入・自分のペースで通える学校についてわかりやすく説明します。
通信制高校に通う生徒さんのお話をインタビュー形式で聴きます
15:00〜15:10 通信制高校・サポート校の対応紹介
病気や体調不良に合わせて通学形態を選べるのが「通信制高校・サポート校」です。起立性調節障害でも無理なく通える学校の先生が、それぞれの特長を紹介します。
15:15〜17:30 個別相談会
各校や相談ブースに個別で相談することが出来ます。通信制高校やサポート校は、病気の症状や体調不良の状態に合わせて通学形態を検討できます。 例えば、週数回午後から通学するコース、個別対応によりその人の体調などに合わせて通学日を選べたり、途中で変更できたりするコースなど柔軟な通学ができます。 持病や体調、体質面への配慮のある学校が多いですから、面談する際には症状や困っていることを伝えて、どのような対応ができるのか確認しましょう。 一人ひとりのニーズに合う学校がきっと見つかります。

・学校選び相談コーナー、起立性調節障害相談コーナーも設置します。
※学校選び相談コーナーは希望者が多いことが予想されますので抽選券を配布します。あらかじめご了承ください。

概要

対象者:小中高10代の起立性調節障害の方やその可能性があると思われる方・保護者、教育関係者
参加団体:通信制高校・サポート校・高認予備校
開催内容:起立性調節障害の講演・進路の講演・個別相談会

特別協賛:NPO法人起立性不耐症と起立性調節障害の会

特長

■通信制高校のしくみ講演

この講演で誰でもわかる!通信制高校の基礎知識から一人一人への応用
~不登校、学び直し・大学進学、高校転編入、そして学費も~


■主な講演内容
・通信制は「登校スタイルを自分で選べる」
・単位制で「自分のペースの学校生活」
・全日制と異なるメリットはどんなところ
・不登校からの高校進学でも大丈夫
・起立性調節障害でも安心
・転入学や編入学の4段階プロセス
・やりたいことに集中できるワケ
・高校卒業するには? 大学進学は?
・通信制の「学費はいったいいくらなの?」
・うちの子に合うのはどんな学校?
 など通信制のしくみがわかります!

「通信制高校のしくみがわからない」「どの学校を選んでいいのかわからない」など、様々な疑問を合同相談会の運営会社(学びの場を提案する出版社 学びリンク株式会社)代表の 山口 教雄(やまぐち のりお)がわかりやすくご説明します。

各学校ブース「個別相談会」

パンフレットではわからない色々なことをその学校の先生に気軽に相談できます。
個別に相談できますから、高校受験・入試、転入学・編入学のこと、学費、卒業後の進路対策など、どんなことでも質問できます。

小中の基礎から学び直したい、大学進学したい、やりたいことに集中したい、発達障がいを理解してサポートしてほしい、いま不登校なんだけど、など個別のニーズに合った学校がみつかります。
時間内は入退場自由、入場無料、予約不要です。お気軽にお越しください。

学校選び相談コーナー、通信制コンシェルジュがご相談対応

「学校選び相談コーナー」開設

各校ブースで詳しい話を聴けるほか、通信制に詳しい相談員が「学校選び相談コーナー」で高校生活のご要望を聞きながらどの参加校と相談したらいいのかをご一緒に検討します。
会場内の「通信制コンシュルジュ」にもご相談いただけます。

学びリンクスタッフ全員、家族支援カウンセラー

学びリンクの運営スタッフ全員(ポロシャツ着用)が一般社団法人 家族支援メンタルサポート協会の「家族支援カウンセラー ®」など研修を受けています。通信制コンシェルジュ以外の学びリンクスタッフも通信制の知識は豊富です。お気軽にお声がけください。来場者の皆さまを運営スタッフ全員がサポートします。

「通信制コンシェルジュ」がお手伝い
会場内には通信制に精通した複数名の「通信制コンシェルジュ」が常時待機しており、参加者の皆様の通信制への疑問や要望を聞き、どんなタイプの学校があるか相談に応じます。 お気軽にお声がけください!

起立性調節障害相談コーナー

「起立性調節障害相談コーナー」開設
NPO法人 起立不耐症と起立性調節障害の会の協力により、起立性調節障害を正しく理解し、生活の質の向上を目指すための体調に関するご相談ができます。 なお、学校選びのご相談は「通信制コンシェルジュ」にご相談ください。

参加校

 通信制高校
 飛鳥未来高等学校/飛鳥未来きずな高等学校  あずさ第一高等学校
 N高等学校  精華学園高等学校 町田校
 つくば開成国際高等学校  明聖高等学校
 八洲学園高等学校  勇志国際高等学校
 ルネサンス高等学校  
 サポート校
 東京文理学院 高等部  トライ式高等学院

予約特典

予約特典あります!
予約 先着100名様へ全国書店発売中の進学ガイドブックをプレゼント!


参加予約された先着100名様に全国書店で発売中の「通信制高校・サポート校がわかる」進路に役立つ1冊(学びリンク発行)をプレゼント!
※会場には通信制高校などに関する書籍販売コーナーも開設します。当日は消費税分をサービスいたします。

最新の「学校案内パンフレット」設置

「資料設置コーナー」開設

最新の「学校案内パンフレット」を設置しています。「学校案内のパンフレット」の内容でわからないことや不明な点があれば、その場で問題が解決します。

「休憩コーナー」開設
当日集めたパンフレットを見る、ご家族で相談するなど気軽にご利用いただけます。飲み物、アメなども用意しています。

場所

AP秋葉原5F(秋葉原ビジネスセンター)

〒110-0006 東京都台東区秋葉原1番1号 秋葉原ビジネスセンター

最寄駅:
JR各線「秋葉原駅(中央改札口)」徒歩約5分
東京メトロ銀座線「末広町駅(1番出口)」徒歩約5分