通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

校則・生活指導のある落ち着いた環境

校則・生活指導があるので

安心した環境で過ごせます。

 

【収録校】

東京文理学院高等部

さくら国際高等学校 東京校

 

通信制高校やサポートの多くは、全日制高校と違い、自由な校風で校則や生活指導がない学校が多いです。それは生徒の自主性を重んじ、個性を伸ばすという考え方に繋がっているのかもしれません。しかし、過去にいじめや不登校など苦しい経験をされた生徒にとっては、校則や生活指導があることで、安心した環境で学校生活を送れることもあります。

 

通信制高校やサポート校で行われている校則や生活指導は、「生徒が安心して通える」ことを基本としており、厳格に厳しいものではありません。生徒を「守る」ための最低限のルールとしている学校がほとんどです。多くは、黒髪、制服着用、いじめやからかい・否定的な言動をしないこと、などです。

 

★ポイント

(1)校則・生活指導があることで、安心した環境が保たれています。

⇒不登校やいじめの経験、対人が苦手といった生徒でも、校則や生活指導があることで、安心した学校生活が送れます。

 

(2)最低限のルールなので、厳しいものではありません。

⇒校則・生活指導といっても決して厳しいものではなく、安心できる環境を保つための、常識的で最低限のルール設定となっています。

チェックしてまとめて資料請求!
※資料請求は全て無料!

  • 学校形態 サポート校
    入学可能エリア 茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県
    学習拠点 〒169-0075  東京都新宿区高田馬場4-4-11
    コース 落ち着いた校風、習熟度別の編成で基礎学力を身につけていくクラスから...
    詳細を見る
    POINT 全生徒が安心して過ごせるための 最低限のルールを設定

     

    東京文理学院高等部(サポート校)

     

    東京文理学院高等部(サポート校)校舎

     

    東京都新宿区にある東京文理学院高等部は、全日制と同じ週5日登校を原則とするサポート校です。

     

    不登校やいじめ経験など、様々な事情で全日制高校への進学が難しかった生徒でも、「全日制高校のような」学校生活を送りたいといった気持ちに応える環境を整えています。仮に登校が難しくても、東京文理学院高等部はサポート校なので、出席に法律の縛りがありません。保護者やカウンセラーと相談しながら一人ひとりと向き合い、できるところから無理をせずに学校生活を始めていき、安心できる状態から登校を促すサポートを行っています。

     

     

    サポート校や通信制高校と聞くと自由な校風をイメージされることが多いですが、東京文理学院高等部では、生徒は制服を着用し、校則があります。校則といっても、生徒を細かく管理するような指導ではありません。在学生の中には、過去にいじめや人間関係で悩んだ経験を持つ生徒も多いため、そうした不安を取り除くために最低限のルールを設けています。落ち着いた雰囲気で、同じ経験をしたために相手を理解できる生徒も多いため、イジメ、からかいなどに対する心配がない校風です。

     

     

    全日制高校と同じように、ホームルームや委員会活動、部活動などが豊富に活動している点も魅力です。文化祭や体育祭などの行事もたくさんあり、安心できる環境の中で、充実した学校生活を送れます。

     

    東京文理学院高等部では、生徒が目の前のことに対してまじめに、一生懸命に取り組むことを最も大切にしています。そのために、生徒と向き合いながら、全生徒が安心して過ごせる環境づくりを行っています。

     

    全日制のような授業風景

  • 学校形態 通信制高校,フリースクール(中等部)
    入学可能エリア 栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県,福井県,山梨県,長野県,岐...
    学習拠点 〒151-0053  東京都渋谷区代々木1-43-8
    コース 進学コース 、マンガ・アニメコース 、声優・タレントコース 、ペット...
    詳細を見る
    POINT 生徒一人ひとりを見守り、個性を見つけて伸ばしていきます。

    さくら国際高等学校 東京校(通信制高校)

    さくら国際高等学校東京校は、通信制高校初の「教育コーチング認定校」として資格を取得している学校です。

     

    「教育コーチング」とは、生徒一人ひとりの個性を大切にし、「傾聴・質問・承認」の姿勢で関わることで、その人の潜在的に持つ意欲や能力を引き出し、一人ひとりの自立を支援することです。本校の教職員は「教育コーチ」の資格を持っています。だからこそ、安心して学校に通える仕組みと、徹底した生徒へのサポートが実現できます。

     

    さくら国際高等学校東京校の職員室は校舎の各階にあります。生徒の近くに教員がいる環境を作ることで、すべての生徒に目を配ることが可能です。また、各授業の担任教員が同じ階の職員室にいるため、生徒はいつでもなじみのある先生に相談をすることができます。職員室はアットホームな雰囲気で、「職員室が一番落ち着く」という生徒もいるほどです。

     

    またさくら国際高等学校東京校では、周囲に対し怖いと感じさせるような服装や髪型は禁止していますが、生徒の個性を削ぐ過度なものではなく、すべての生徒が居心地よく過ごせるための最低限の校則としています。制服は、夏服・冬服があり、女子はリボン・ネクタイ、スカート・キュロット・スラックスから選ぶことができます。

     

    そして、毎週火曜日の午後には選択授業があり、自分の好きな講座を受講できます。ボランティアやイベントも充実しているので、好きなことややりたいこと、興味を持ったことを追及することで個性を見つける手助けになるでしょう。

    このような環境づくりや生活指導は、さくら国際高等学校東京校が大切にしている「一人ひとりが輝ける『個性』を見つけて伸ばしていく」という考えにもとづいています。

     

    一人ひとりに目が行き届き、生徒が安心できる環境だからこそ、個性を見つけ、伸ばしていけるような環境があります。