通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

成美学園グループ

2021年04月12日

歌あり、踊りあり!活気に満ちた入学式(千葉県、茨城県、埼玉県、栃木県・技能連携校/サポート校)

成美学園グループでは4月9日(金)、千葉市民会館(千葉県)にて、千葉県内7校の合同入学式を行いました。

 

今年度は、総勢388名の新入生・転入生が入学。期待に胸を膨らませた新入生たちが、学園長・来賓の方からの式辞・エールに耳を傾けました。

 

 

学園長からの式辞では、同校のテーマでもある「夢を持つこと」の大切さについて語られました。

「成美学園に入学してくれたみなさんに、一つだけ、持ってもらいたいものがあります。それは“夢”です。夢を持つと、良いことが二つあります。一つ目は、目標設定ができること。大きな目標でなく、小さなことでいいんです。“朝10分早く起きてみよう”、“朝学校に行ったら、皆に挨拶をしよう”、そんな小さな目標設定を達成していくことで得られるワクワク感を覚えて、ポジティブに過ごしてほしいです。小さな成功体験をたくさん積んでいってください。二つ目は、周りが応援してくれること。夢を発表すると、それを聞いた皆が応援してくれます。私自身、スタッフ、校長先生、来賓の方、保護者の方が一緒だったからこそ、夢をかなえてこれました。人間は一人では何もできませんが、自分が志を持つことで、自分一人の夢がたくさんの人の夢につながってゆくのです」と力説しました。

そして、「3年間はあっという間」と続け、「ここには、面白い先生たちがたくさんいます!今日だけでなく、楽しいイベントがたくさんあるのが成美学園。様々な行事を通じて、高校生活を楽しんでほしい。そして、卒業式には笑顔で思い出を語れるような生徒になっていると思います」と、新入生に対し、あたたかな歓迎の思いを述べました。

 

 

在校生からの祝辞では、「元々人見知りで、中学時代は学校や先生が苦手だったのが、成美学園に入学して変わることができた」という先輩からメッセージが。

「私は不安と楽しみの思いで入学しましたが、孤独感を払しょくしたくて、クラスの人に自分から話しかけました。その子は今でも大切な友人です。中学時代の無気力な自分から変われたのは、“自分を変えたい”という気持ちと、応援してくれる人がいたからです。今の私には、保育士になりたいという夢があり、そのために多くのことを勉強し、経験したいと思っています。成美学園は、生徒一人ひとりの個性を認め、個性を引き出し、夢を後押ししてくれる学校。新しい仲間と思い出を作って楽しんでいきましょう。」と、頼りがいのある先輩らしいエールが贈られました。

 

新入生を代表してあいさつを述べた生徒は、「音楽活動が楽しみ。先生や先輩方に教えていただき、一歩ずつ進んでいきたい」と意欲を見せてくれました。

「これからの、長いようで短い3年間の高校生活、迷うことも苦しいこともあるかもしれない。でも、仲間と協力し合い、助け合い、乗り越えていきたいと思います。何事にも積極的に取り組めるような強い心を持って、頑張ります」と、意気込みを述べました。

 

 

入学式第二部は「教員紹介」からスタート。各校舎の担任教諭や講師が壇上に上がり、担任のクラス、名前を一人ずつ発表していきました。中にはユニークな自己紹介で会場を和ませる先生も。生徒に負けないほどの明るさと元気を見せてくれました。

 

 

続いて、在校生によるダンス、バンド演奏。蘇我校2年生による「恋ダンス」、かずさ校3年生による「天体観測」が、それぞれ披露されました。

 

 

 

フィナーレを飾ったのは、音楽講師の皆さん。力強い歌声と圧巻の演奏は、音楽の授業にも力を入れている同校ならでは。

それぞれのパフォーマンスに、会場からは大きな拍手が送られました。

 

 

新入生にとって、入学式は期待と不安が入り混じるもの。しかし、先生・在校生たちが新入生たちを心から歓迎し、応援しているという思いが、きっと新入生たちにも伝わったのではないでしょうか。一人ひとりの個性を尊重しながら、同じ目線で、生徒の大切な「夢」を応援する新しいスタイルの学校、それが成美学園。そんな校風がひしひしと伝わってくる入学式でした。

新入生のみなさん、「好きなこと」や「夢」に向かって、成美学園の3年間を思いきり楽しんでください!

 

 

6月19日東京・御茶ノ水通信制高校・サポート校合同相談会

6月26日埼玉・大宮通信制高校・サポート校合同相談会

6月27日神奈川・横浜通信制高校・サポート校合同相談会

7月3日千葉県千葉市通信制高校・サポート校合同相談会

7月17日東京・町田通信制高校・サポート校合同相談会

7月22日東京・新宿通信制高校・サポート校合同相談会