通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

2018年07月08日

福岡・天神で『通信制高校・サポート校合同相談会』Ⓡを開催しました

 

学びリンクは、7月8日(日)、福岡県福岡市(中央区・天神)のエルガーラホールで通信制高校やサポート校の「仕組みもわかる合同相談会」を開催しました。

 

西日本を中心とした連日の豪雨で九州地方も大きな影響を受けたため、ぎりぎりまで開催も危ぶまれていましたが、当日は雨も上がり、無事に開催することができました。しかし、電車など一部の交通機関で大幅な乱れもあり、会場まで足を運べない方もいたようです。そうした中、朝一番から来場される方も多く、300名以上の方が各学校との進路相談を行いました。

 

 

この日は、実際に通信制高校やサポート校などに通う生徒や卒業生の「体験談を聴く会」も実施。トップバッターで発表を行った男子生徒は、最寄りの電車が運休になるなど、大変な状況の最中、「自身の学校の魅力を伝えるために」と、ご家族の協力を得て会場まで足を運んでくれました。在籍校での経験から、自身も「教員になりたい」と、将来の目標も語りました。

 

各学校との個別相談では、福岡県を中心とした15校の学校が来場者の進路相談に応じました。地域の状況に理解のある教員が、高校進学、転校、編入、発達障害、夢や目標の実現など、個別の多様なニーズに対し、独自の教育活動について説明しました。どんな学校を回ったら良いかわからない来場者などは、無料の「学校選び相談コーナー」や、会場内にいる「通信制コンシェルジュ」を利用するなどして、自分に合った学校を聞きました。

 

 

また、不登校やメンタル面、学校生活での困り事に関して相談に応じる「教育相談」では、元福岡市立能古中学校校長で、現在、不登校の親の会や進路イベントなど幅広い活動を行う「ぼちぼちの会」代表の木村素也さんが応じました。さらに、「朝起きられない」「午前中の体調が悪い」などの起立性調節障害に関する相談ブースにも、数多くの相談者が列を作りました。

 

 

次回の福岡での合同相談会は11月に実施します。

今夏の合同相談会は、来週7月14日(土)の東京・新宿会場のほか、7月16日(月・祝日)・千葉県千葉市、7月28日(土)・宮城県仙台市、7月29日(日)・埼玉県さいたま市で実施します。

 

◆今後の「合同相談会」開催予定はコチラ◆