通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

勇志国際高等学校

2022年03月23日

卒業生三木つばささんが最年少金メダル(熊本県など・通信制高校)

勇志国際高校トップアスリートコースを卒業したばかりの三木つばきさんが、このほどイタリア・ピアンカヴァッロで行われたスノーボード・ワールドカップ 21-22のスノーボード・パラレル種目で日本史上最年少18歳で金メダルを獲得しました。

 

 

三木さんは、2月に行われた北京五輪でもパラレル大回転予選3位で決勝トーナメント出場、9位という結果を残しています。

 

北京五輪後に三木さんから同校には「今シーズン残り3戦がんばります!」と意気込みが届いていました。

今回の金メダルは、その言葉通りの快挙となりました。