通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

N高等学校

2018年09月14日

2019年4月、「N中等部」開校!「プログレッシブスクール」とは

 

9月13日(木)、ニコファーレ(東京都六本木)にて、学校法人角川ドワンゴ学園 新スクール事業に関する発表会が行われ、角川ドワンゴ学園による「N中等部」の開校が発表されました。

まず角川ドワンゴ学園理事の川上量生氏から、N高における実績の成果として満足度の高さをあげ、「もっと早くN高が欲しかった」という保護者の意見や教職員の熱意など、N中等部の設立に向けた背景が述べられました。

 

 

N中等部は、生徒の在籍中学校との連携をとりながらキャンパスに通うフリースクールの形態をとることが説明され、N高等学校校長奥平博一氏も登壇して、「現在の中学校での生活に違和感をもつ子どもたちに新しい学びの場を提供していきたい」と述べました。

また、今までフリースクールが不登校生の心を癒すような役割を担ってきたことを触れ、N中等部ではさらに、「創造力」「協動力」をキーワードに、「社会に出ていくにあたって、強み、武器になるものを」という考えのもと、「プログレッシブスクール」として、社会に求められる創造力を身につけるための実践的授業に重きを置いていくとのこと。

 

 

N予備校の映像によるオリジナル授業はもちろん、プログラミングをはじめとする一人ひとりの興味やニーズに合わせた多様な学び、自ら問題意識を持って課題解決までを主体的に行動して学びとしていくプロジェクト学習、ICTを活用した学びを通して自然と基本のタイピングから資料作成能力、プレゼン能力などのスキルも修得可能であることなど、N高で発揮された教育を中学生のうちから始めることができるとしました。

 

 

また、途中、壇上にはN高校3年の相原翼さんが登場。相原さんは今話題のeスポーツプレイヤーで、第18回アジア競技大会「ウイニングイレブン 2018」日本代表金メダリスト。N高にある「ネット部活動」にサッカー部があることが面白く、入学を決めたとのこと。取材では、「eスポーツは反射神経や動体視力、判断力を問われる競技です。ゆくゆくは世界大会優勝を目指していますが、今は日本で行われる大会で勝てる力を確実に付けていきたいと思っています」と話してくれました。

 

 

N中等部は2019年4月に東京都新宿・代々木付近に開校予定。

コースは週5・3・1日の通学日数によって選択可能で、学費はコース別に、1年を12期として期ごとに引き落としとなります。9月13日から資料請求出願受付が開始され、説明会は9月29日、入学テストは筆記、作文、面談を課し、期間は1月~4月(募集状況により月1回実施予定)となります。