通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

クラーク記念国際高等学校

2019年04月24日

創部から2週間で3位入賞果たす(北海道・通信制高校)

1年生9人でシード権を獲得!

 

地域No.1チームを決める全空知高校バレーボール大会の決勝トーナメントが4月21日(日)、北海道・岩見沢市総合体育館で行われました。

1年生9人で1回戦に臨んだクラーク記念国際高等学校・スポーツコース女子バレーボール部(北海道本校)が、岩見沢東を下し、3位入賞を果たしました。

<点が入るたび、笑顔で盛り上がるクラークの選手たち>

<岩見沢東戦で相手のブロックを打ち抜く西村さん>

 

ライトの西村さんが対角線への強いスパイク、コーナーを狙ったサービスなどを次々と相手コートにたたきこんで逆転。この試合では、前日の芦別戦での8点を上回るチームNo.1の10点をあげ、5月に行われるインターハイ空知支部予選のシード権獲得に大きく貢献しました。

1回戦の直後に行われた準決勝では滝川西、続くシード順位決定戦では深川西に敗れましたが、他チームの主力が3年生というなか、1年9人だけで手にした第4シード権(3位入賞)は立派です。

掛屋忠義監督も「公式戦で2勝できたのは自信になりますし、シード権を取れたのは大きい。体力がついて、コンビネーションをおぼえれば、もう少し接戦ができる」と手応えを口にしていました。

<試合後、応援団にお礼する選手たち>

 

チームはGW期間中に北陸地方で全国大会でも上位の強豪チームと対戦。岡山では系列のIPU環太平洋大学で大学生の胸を借り、5月22日のインターハイ空知支部予選に臨みます。

チーム初の北海道大会進出をかけた戦いを応援してください!

 

2019年7月27日(土)宮城・仙台「通信制高校・サポート校 合同相談会」