通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

2019年08月05日

「高等専修学校合同説明会」が開催されました(東京都調布市)

8月4日(土)、「高等専修学校合同説明会」が調布市文化会館たづくりにて開催されました。当日は高等専修学校の概要についての説明と、各学校の個別ブースで進学相談を実施しました。

 

概要説明には東京都高等専修学校協会・振興委員の小野喜彦先生が登壇。高等専修学校の特徴について解説しました。概要説明として小野先生は高等専修学校とは高校生のうちから専門的な職業教育を受けられる学校であるということを説明し、3年制の学校であれば普通科の高等学校と同等の卒業資格を得られることができるということを強調しました。また、就学助成金や東京都の授業料軽減助成金の対象であり、両方を利用すれば学費の負担も大幅に軽減させることができることをお話しました。

さらに、大学入学資格付与指定校であれば大学や専門学校への受験資格を得ることができます。大学入学資格付与指定校には通信制高校と技能連携をしている学校と、独自のカリキュラムを行っている学校があるとし、それぞれの違いについて解説しました。

 

概要説明終了後は各校の紹介が行われました。それぞれの学校の先生方が登壇し、パンフレットなどを手に持ちながら特徴や魅力をお話しました。各校の個性がうかがえる学校紹介となりました。

 

そして今回の合同相談会では11校の学校が個別相談を受け付けました。保護者の方と一緒にお話を聞く生徒の姿も多く見受けられ、各学校の担当者は相談者一人ひとりに丁寧な説明を行いました。

 

合同相談会の開催を受け、高等専修学校復興委員会の清水信一委員長は「中学卒業後の進路というのは高等学校だけではありません。しかし、進路指導を行う先生たちに高等専修学校について理解が浸透していないというのが現状です。ぜひ先生方にも特徴や魅力について知ってもらい、一人ひとりの個性に合わせた学校を選びをし、遠回りをしない進路選択をしてもらいたい」と話し、学校選びについて「実際に学校へ通うのは生徒たちです。自分で決めた進路であれば責任をもつことにもつながりますので、まずは生徒自身が行きたいという学校を選んでください」と述べました。

 

【 東京都高等専修学校 進学相談コーナー  開設】

東京・新宿 通信制高校・サポート校合同相談会