通信制高校検索 資料請求 進路相談室

新着情報

東京文理学院高等部 ※2024年度新入生の入試は終了しました

2020年01月24日

落ち着いた環境で学べる!午後は個性を伸ばす選択科目(東京都・サポート校)

JR高田馬場駅から徒歩2分の場所にある東京文理学院高等部(東京都・サポート校)。全日制高校のような生活スタイルで、制服を着用して週5日登校し、委員活動やクラブ活動も盛んに行われています。

 

1学年4クラス編成で、それぞれのクラスでSHR(ショートホームルーム)と午前の共通科目の授業を受けます。クラスはすべての学年で習熟度別になっているので、どの教科も自分のペースに合わせて勉強が進んでいきます。すべてのクラスが静かな空間で、落ちついた雰囲気のなかじっくりと勉強することができます。また、共通科目の授業では主にプリントを使って授業を行います。黒板の文字をすべて書き写す必要がなく、文字を書くことに不安があるひとも勉強に集中できるので安心です。

 

 

さらに校舎の5階では適応教室を開放し、教室に入るのが苦手な子たちが勉強できる環境を用意しています。授業で使うプリントを使ったり、レポートを作成したりとそれぞれのペースでの学習を支援。教室には先生が巡回に来るなど、万全の体制でサポートしています。

 

午後の選択科目の授業は東京文理学院の独自カリキュラムとなっています。月・火の午後で一つ、木・金の午後で一つ、約20種類(進学英語・進学国語、数学演習、英検対策・漢検対策、英会話、調理、手話・ボランティア、声優、技術、鉄道、パソコン、美術、バスケットボール、ギター、ダンス、書道、アニメ、陶芸、フットサル、手芸、フィジカルトレーニング、空手など)のなかから好きな科目を選択します。それぞれ別の科目・同じ科目を選ぶのは自由なので、自分好みの時間割を組むことができます。午後の授業時間は70分間。塾や習い事で行うことも選択科目の時間に勉強することもできるので、自分探しにも役立ちます。

 

 

東京文理学院は規律と自由がユニークに組み合わされた環境です。廊下では先生たちと明るく挨拶を交わす姿もあり、きちんとした校則のもとそれぞれが好きな科目を学びながら、学生生活を楽しんでいる姿が見受けられました。

 

 

2020年2月22日(土)神奈川横浜「通信制高校・サポート校 合同相談会」

2020年3月15日(日)東京新宿「通信制高校・サポート校 合同相談会」