通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

2020年09月23日

オンライン留学プログラム「OJaC」が始業式

 

ICTを活用して国内外の様々な場所で留学体験ができるオンライン留学プログラム「OJaC(オージャック)」がスタートし、9月23日(水)、オンラインによる始業式が行われました。

 

この取組みは、不登校児童生徒の在宅学習サービスを提供するネットスクール「クラスジャパン小中学園」を運営する株式会社クラスジャパン学園が全国の17自治体と共同で実施。参加生徒は来年3月までの半年間、国内外の協力企業が提供する様々な体験活動にオンラインで参加できます。

 

 

OJaCは、活動が在籍校の出席認定、成績評価へ反映されることを目指し、連携する17自治体の各教育委員会と在宅学習評価委員会を設立。同委員会が評価の参考となるガイドラインモデルを策定していきます。また、この事業は経済産業省が推進する「未来の教室」プロジェクトの実証事業にも採択されています。

 

代表挨拶を行った原田隆史さん(クラスジャパン小中学園 校長)は、「このプロジェクトに参加する皆さんを多くの人が応援している。安心して学んでください」とエールを贈りました。

 

また、この日は経済産業省から教育産業室長の浅野大介さんがゲスト出演。「OJaCは経済産業省としても一番チャレンジングなプロジェクト。この取組み自身が世界における新しい学び方になる。皆さんはただの生徒ではなく、未来を作っていく人として、新しい学びを作っていってほしい」と期待を込めました。

 

参画する17の自治体を代表して、さいたま市の細田眞由美教育長が挨拶。細田さんは、昨今の新型コロナウイルス感染拡大や学校へ行けない不安を抱える生徒たちに対し「一人で悩まないでください」とメッセージを送り、「このプロジェクトは、一緒に学ぶ仲間や先生たちとの繋がりが皆さんをワクワクさせていく。皆さんがOJaCで出会う仲間と一緒に成長していくことを心から期待している」と話しました。

 

オンライン始業式は「ZOOM」を活用して行われ、この日は参加生徒、保護者など200名以上が参加。10月以降の留学先も発表され、予定地にカンボジアやサンリオピューロランドなどが挙げられると、チャット上には早速「アンコールワットに行きたい」などと参加者から期待を寄せる反応が多数集まりました。



 

 

北海道紋別市から参加する中学3年生の女子生徒は、「自宅でタブレットを使いながら勉強できると聞いて参加した。英語が苦手なので授業での解説やチャットで教えてもらえるのがとても良いと思った」と参加理由を話したうえで、「自宅で猫を2匹飼っているのでオンライン部活のペット部にも参加してみたい」と今後の活動が待ちきれない様子でした。

 

神奈川県横浜市通信制高校・サポート校合同相談会

2020年9月27日(日)大阪・梅田通信制高校・サポート校合同相談会

2020年10月4日(日)東京・新宿通信制高校・サポート校合同相談会