通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

2021年11月19日

『自分サイズでいこう 私なりのボディポジティブ』著者・haraさんにインタビューしました!

★摂食障害、不登校、体型のコンプレックスを乗り越えて

★作品を通して伝えたい「私なりのボディポジティブ」とは?

 

「ボディポジティブ」という言葉を聞いたことはありますか?

 

「痩せた体型=美しい」という従来の考え方から外れ、体型、肌の色、ジェンダー、国籍などに捉われず、「ありのままの自分を愛そう」という考え方、およびムーブメントを示します。「ボディニュートラル」など呼称も様々で、Instagramで「#BoPo(body positiveの略称)」というハッシュタグで検索すると、全世界で1000万を超える投稿がヒットするほど、国内外で盛り上がりを見せています。

 

漫画家・イラストレーターのharaさんも、「ボディポジティブ」のメッセージを発信する一人。SNSを通してエッセイ漫画やイラストを発信し、Twitterフォロワー数は3万人を超えるなど、世代を超えて多くの支持を得ています。

 

このたび、学びリンクはharaさんにインタビュー。

6月に自身初の著書となる『自分サイズでいこう 私なりのボディポジティブ』を発行したharaさん。初の著書に込めた思い、そして、自身のコンプレックスや摂食障害・不登校の経験について、そして同じ悩みをもつ人へのメッセージをお話してくれました。

 

・・・

 

「ボディポジティブについて発信をしているけれど、今でも100%自分の体に自信が持てているわけではない」と語るharaさん。心無い言葉を投げかけられたり、メディアが発信する偏ったイメージなどの影響もあり、自身の体形へのコンプレックスは小さな頃から無意識に積み重なっていったといいます。

 

haraさんは、中学から高校時代にかけて行った極端な食事制限をきっかけに、摂食障害を発症。緊張の糸が切れたように過食に走り、過食嘔吐の症状に悩まされるようになります。「体重が一気に増え、変化した体型に対してのクラスメートの反応が怖くなり、高校1年生の2学期から不登校になりました」。

 

カウンセラーの先生や友人の存在に助けられ、高校は卒業できたものの、その後も摂食障害の症状は7~8年ほど続いたといいます。

 

そんな時、ある雑誌との出会いがありました。それは、プラスサイズモデル(※主にプラスサイズ服を着用する、平均より大きい身長・体重のモデルを指す)が中心のファッション雑誌。

「痩せていなければおしゃれをしてはいけない、そんな固定観念を持っていた私にとってはものすごい衝撃でした」。

 

それから少しずつ、その「衝撃」がプラスに働くようになったというharaさん。実際にその雑誌を読むようになってから、ご飯を食べることが怖くなくなったり、洋服を選ぶことも楽しく感じてきたり、といった変化もあったそう。

次第に「自分でもボディポジティブについて何か発信できないか」と思い、2020年からTwitterでエッセイ漫画やイラストを発信し始め、現在に至ります。

 

「ボディポジティブって、言葉自体がとてもパワフルというか、キラキラしてますよね(笑)。“愛せなきゃいけない”とう押し付けになってしまうと、そこに当てはまらない人を苦しめることになる。作品を発信するにあたっては、ポジティブの押し付けにはならないように気を付けています」。

 

そして、自身初の著作に込めた思いも話してくれました。

「“ボディポジティブ”の定義って、あまり明確なものがないんですよね。今回本を出させていただくにあたって、“本の中での定義”を決めようとなった時も、かなり悩みまして…。最終的に“自分の体を愛してもいいかもよ? という提案”としました。昔の私には、自分の体との付き合い方は「嫌う」という一本しかなかった。同じように悩んでいる人がいたら、“もっと付き合い方っていっぱいあって、その一つにボディポジティブっていうものもあるよ”と、あくまでも選択肢の一つということが伝わったらいいなと思います」。

 

・・・

 

「体型にコンプレックスがある」

「自分に自信が持てない」

そんな思いを経験したことがある人にこそ読んでほしい、読めば少し気持ちが上向くかもしれない一冊です。

 

 

★haraさんのインタビュー記事は、「学びREVIEW 10月号」に掲載しています

 

 

【BOOK DATA】

「自分サイズでいこう 私なりのボディポジティブ」

自身のコンプレックス、摂食障害に悩まされた過去、ボディポジティブとの出会いなど、これまでTwitter で発信した作品のほか、書下ろしページも収録。

全国の書店・ネット書店にて好評発売中!

 

著者:hara

発行:KADOKAWA

価格:1,100円(本体1,000円+税)

体裁:A5判

ISBN:9784046805270

発行日:2021年6月24日

 

★Amazon購入ページ

 

【PROFILE】

漫画家・イラストレーター/haraさん

HP:haraatsume.tumblr.com

Instagram/Twitter:@hara_atsume

 

 

11月27日東京・新宿通信制高校・サポート校合同相談会

愛知・名古屋通信制高校・サポート校合同相談会

12月5日京都通信制高校・サポート校合同相談会