通信制高校検索 資料請求 進路相談室 データバンク

新着情報

駿台甲府高等学校

2020年10月30日

駿台教育研究所、AI・ICT学習を導入した駿台甲府高校のサポート校を全国6ヶ所に開設

駿台甲府高等学校・通信制課程は2021年4月、全国6ヶ所(四谷・吉祥寺・あざみ野・大宮・名古屋丸の内・京都)に新たな「通信制高校 学習センター」を開設します。それに合わせ、サポート校を運営するグループ会社の駿台教育研究所 田口浩一副社長にお話を伺いました。

今回、大学入試に強い駿台のノウハウと「AI・ICT学習」を駆使し、本格的な大学進学を目指すためのサポート校を新たに開設した駿台グループ。以前からグループの駿台予備学校ではAI・ICT教材などの準備を行っていましたが、今回のコロナ禍が導入の時期を早めるきっかけとなりました。実際に生徒たちの学力も伸び、また通信制高校への親和性も高いということから、通信制へも導入の運びになったといいます。

新たなサポート校では、映像講座「サテネット21」のほか、「駿台eラーニングシステム」、AI教材「atama+(アタマプラス)」、オンライン質問アプリ「manabo」といったAI・ICT学習教材を用い、「通学コース(ライブ講座)」とのハイブリッド学習で、基礎学力を確実に伸長します。

「atama+(アタマプラス)」は一人ひとりに最適な克服メニューをAIが提供。既に駿台予備学校で導入し、大幅に偏差値が向上したという実績を持っています。理解できていない根本原因を瞬時に特定し、効率のよい学習を行うことができます。AI教材であるため、自ら学習を重ね、今後もより進化していきます。

「manabo」はスマホでわからない問題を撮影して、どこでも質問ができるというもの。「その場ですぐ質問ができる」ということが大きな強みで、短いときには1分ほどで返信してくれるそう。双方向でのコミュニケーションを取りながらの学習が可能です。

また、新設するサポート校にも自習室を完備し、進路アドバイザーやティーチングアシスタント(TA)が様々な相談に応じます。

駿台生の満足度も非常に高いシステムを導入し、学習環境を進化させ続ける駿台グループ。大学進学を志す高校生たちの、心強い味方となってくれることでしょう。

 

11月1日(日曜)千葉県千葉市通信制高校・サポート校合同相談会

11月7日(土曜)東京・町田通信制高校・サポート校合同相談会

11月8日(日曜)愛知・名古屋通信制高校・サポート校合同相談会